しまいたのプロフェッショナル 大冨しまいたミュージアム 第95号 2018.05.01発行

社内イベントのお知らせ

お花見

今月は社内イベントがなかったので、休日のお花見風景を紹介します。

厳しい寒さを乗り越え、今年も「春」がやって来ました。

日差しも段々と暖かくなってきた4月上旬、友人と美しく咲き誇る桜の木の下でお花見をしました。桜2

桜の花は満開で、たくさんの人が昼間からビール片手にご馳走をたらふく食べながら優雅に咲く桜の姿(お酒?)に酔いしれていました。

子どもたちは、舞い散る花びらを必死に掴もうとして元気に駆け回っています。

冬の寒さが厳しかったせいか、今年の桜は一段と美しく感じました。image1

のほほんとリラックスした時間を過ごす事ができ、とても有意義な時間を過ごす事ができました。

 

社員ブログ

入社2年

 私が、大冨鋼材に入社して約2年が経とうとしています。

入社するまでは、縞板を意識して街中を歩く事など無かったのですが、今では無意識に縞板を見てしまっている私がいます。

 

!cid_2ACFFB36FEA64EA98836701EE1BC0C2E@NPC01これが、職業病なの?

 

街のあらゆるところで縞板を見かけます。

!cid_01A45BC14EDC46E8A05FD39326A85932@NPC01「あっ縞板!」「ここも縞板!」「また縞板!」「こんなところにも縞板!」                                  ありとあらゆる場所で縞板を見かけます。

主役って感じではありませんが、いぶし銀の名脇役って感じが良くないですか?

皆さんも、名脇役を探してみませんか?

 

 

 

 

 

社長のひとり言

社長のひとり言!?

SuganoBoy②

社長のひとり言!95

 

桜も終わり今年は躑躅(つつじ)なども駆け足で過ぎて行きそうな雰囲気です。

 

連休を控えて正に絶好の季節。

身体も休めながら大いに楽しみたいものです。

 

先日(420日)、日経新聞の一面(下部3分の1頁ほど)に意見広告として、 公益財団法人 国家基本問題研究所(理事長 桜井よしこ氏)の「国会よ、正気を取り戻せ」というタイトルの意見が掲載されておりました。

曰く。「一体いつまで続けるつもりなのか。多くの野党、メディアはモリカケや自衛隊日報の「疑惑」追及に明け暮れ、事の軽重を完全に見失っている。」云々

まさに溜飲が下がる思いで読みました。

 

それに加えて巷では、パワハラ・セクハラ問題のオンパレード。

この国は、いつからこんなにもヒステリックな風潮を纏うように

なったのか。

 

ヒステリックな野党、ヒステリックなメディア、

ヒステリックな○○(色々あると思いますが)・・にこそ

私はこの国の危機を感じてしまいます。

 

 

あ、そうそうヒステリックで思い出しました。

お隣のナッツ姫と水かけ姫とそのお母さま。

一度お会いしてハラスメントを受けてみたい。笑

 

 

museum_img05